フットケア研究会に参加してきました

2017年12月4日

爪の事は井爪に聞け。
足のお掃除スペシャリストの井爪慶です。

12/2(土)にフットケア研究会に参加してきました。

今回のテーマが『巻き爪』だったので、『井爪』として必ず知っておかなければいけないと感じ、始発で新幹線に乗って東京まで行ってきました。

医療関係の医師や看護師、介護、リハビリ、ネイリストやフットケア従事者。巻き爪に関わる方達が全国から240人以上集まっていました。それだけ巻き爪やフットケアに対しての需要があり、意識が高い方たちの集まりと感じました。

私が、おこなっているペディグラスの巻き爪補正の技術以外にも、ワイヤーやフックを使ったさまざまな技術や方法があり、各分野のトップレベルの先生方が貴重な話をしてくれました。

中でもフットケア外来の先生や、巻き爪専門の整形外科の先生の講演は、実際に私が覗く事ができない医療の現場でしたので、大変興味深いものがありました。

爪切り、足を使ったスポーツ、サイズがあってない靴の環境など。
普段の私達のなにげない生活でも、足の切断までしなくてはいけない事は、誰にでも考えられるのです。

研究会の後の懇親会も参加してきました。
実際の医療関係の先生方と直接話をする事もできました。

その中で、講演してくださった長谷川徳男先生(福島県いわき市長谷川整形外科医院院長)が私に言いました。

『医者ができない事はあなた達がやりなさい。あなた達ができない事は私達がやります。』

その言葉にグッときました。

何が正しいとか悪いとかそんなんじゃないんですよね。

私自身、学生時代に巻き爪でした。痛いから自分で深く切るを繰り返していると、ばい菌が入り炎症を起こしました。肉芽ができパンパンに腫れあがり、手術する選択肢しか当時はなかったのです。

そんな過去もあってペディグラスの技術を習得し、『巻き爪は病院なんかいかなくていい!』『手術しなくていい!』という安易な考え方をもっていました。病院に対して偏見をもっていたのです

そんな考え方は改めなくてはいけないと、長谷川先生から気付かされました。

病院での巻き爪治療が怖いと煽っているホームページ。

そういうところが一番こわいですよね・・

今回は『巻き爪』でしたが、足のトラブルはそんな簡単なものではないですね。

この研究会を通じて改めて強く感じました。