【現場から】気づかない妊婦さんの足のトラブル

2017年11月11日

先日来られたお客さん。

来月ママになる妊婦さん。

出産前に足をきれいにしておこうとフットケアをうけに来られました。

 

踵のガサガサもひどく、爪は自分では切れない状態。

爪も変形して巻き爪になっていて、爪の裏側には爪垢が非常に多くたまっていました。

妊婦さんの体重増加は、巻き爪になる原因のひとつです。

また自分の爪を切ることも困難なので、爪垢も溜まりがち。

 

そんなお客さんも多く見られます。

 

ただ、足の裏と爪に【白癬菌の傾向】がみられたので皮膚科の受診をすすめました。

 

白癬菌。いわゆる水虫ですね。

 

私は、医者ではありませんので診察はできません。

ですが、経験からしてそれが病的なものかは判断する事ができます。

 

伝えた時に、本人はびっくりしてました。

誰でもショックです。

 

私も脳天にタライを落とすような事はしたくありませんが・・

 

足の事だから。

 

心を鬼にして、アドバイスさせていただきました。

 

後日、LINEでメッセージをいただきました。

すぐに皮膚科を受診されたとの事。

 

結果はやはり黒でした。

 

うちに来なかったら、もっとえらいことになっていたかと。

出産したら、バタバタでそれどころじゃないですもんね。

 

私はアドバイスしただけ。

皮膚科を受診されたのは、ご本人の行動です。

 

すぐに行動していただけた事は、私も嬉しいです。

足を大事にしましょう!という思いが伝わったのですから。

 

足は、なかなか自分では判断できないもの。

気になる事があれば、LINEでご相談ください。